LDKを中心にした快適な動線と間取りで、家族のコミュニケーションを尊重

自由設計×平屋の家
U様邸 家族、友人がいつもリビングに集まる、アメリカンな平屋建て住宅
玄関イメージ
内観イメージ
担当者の声
担当者
課長
長谷川 進
限られた予算の中で、お客様のご要望にお答えし、すぐにお家に帰りたくなるような、アットホームなおうちが完成しました。
その他の担当物件を見る
LDKを中心にした快適な動線と間取りで、
家族のコミュニケーションを尊重
 玄関を入ると広い土間空間が現れ、小上がりになったところには和室が。「古民家をイメージしました」と語るご主人も納得の雰囲気です。土間の広さはもちろん、和室とのつながりもポイント。来客時に生活エリアを見せることなく応接間として活用できるのです。逆にゲストがいない場合はリビングと接した扉を開け、LDKの延長として和室を楽しむことも可能。空間の汎用性の高さが魅力です。
 K様邸はLDKを中心に各部屋を配置。「個室にこもるのではなく、家族が集まるLDKにするため、動線にもこだわりました」と奥様。仲良し家族にぴったりの間取りですね。
 アイムの家の印象をお聞きすると、「担当の長谷川さんには予算のことから間取りのことまで相談にのてもらって心強かったです」とご主人。K様邸の場合、まず担当である長谷川さんが予算やライフスタイルをヒアリングし、施主の要望を取り入れながらプランを作りました。ある程度たたき台を作ってから予算を決め、そこからすぐに一級建築士にオーダー。こうすることで、最初のプランをベースにしつつ、専門家の目線で間取りを再構築し、機能的で快適な住まいの実現が可能なのです。
 「また、最初に金額を決めるからこそ、あとから大きな予算のブレがないので安心して家づくりに没頭できるのも特徴」と長谷川さん。ご主人も「最初のプランで満足だったのですが、建築士に入ってもらうと思いがけない動線や気づきを与えられて驚きましたね」と語ってくれました。こうして、間取り、予算ともに満足のいく家が完成しました。
内観イメージ2
内観イメージ3
外観イメージ
▶お問い合わせは、お気軽に!
お問い合わせ
電話
建てる前に読んで良かった!家づくりに役立つ資料はこちらから!