愛犬たちとのびのび暮らしながら、おもてなしの心も宿る家

自由設計×愛犬と暮らす家
愛犬たちとのびのび暮らしながら、おもてなしの心も宿る家
室内イメージ
内観イメージ
担当者の声
担当者
課長
長谷川 進
ワンちゃんにも優しく、人にも優しい個性的なおうちが完成しました。
その他の担当物件を見る
 犬3匹と一緒に暮らす適度な広さの土地を探していたというKさん。ある日通りすがりに賑わう一角を目にし、「なんだろう」と訪れてみると、そこではアイムの家のイベントが開催されていました。これがKさんと土地の運命の出会いです。
 その場所はアイムの家が手がけ始めたばかりの、愛犬家のための分譲地「わんわんタウン」だったのです。四国初のワンちゃん専用分譲地は、人と愛犬が快適に心地よく暮らすことのできる小さな町。分譲地内にはドッグランも完備しており、ワンちゃんにも人にも快適な環境です。アイムの家の第一印象についてお聞きすると、「対応してくれた人がとても熱心で好感を持てたし、ここにしようとほぼ即決でしたね」と話してくれました。

 K様邸は1階のLDKの床をタイルにし、靴のまま上がれるように設計しています。「仕事柄、家に大勢の人を呼ぶ機会が多いので」との理由ですが、タイルにすることでワンちゃんたちにとっても滑りにくくなっており、人にもワンちゃんにもやさしい設計です。また、キッチン脇には鉄板もあり、お肉や海鮮を焼いて、来客を料理でもてなす準備も万端です。
 さらに2階に上がれば12畳ほどのホールが現れ、そこから各個室へとつながっています。「家族連れで来てもらっても、家にいるようにくつろげるでしょ」とのこと。住む人だけでなく、来客への配慮もたっぷり。おもてなしの心にあふれた住まいです。
 最後に家づくりにおける大切なことを尋ねると、「ライフスタイルを尊重して考えるとうまくいくんじゃないかな」との答えが。どう住みたいか、何をして暮らしたいか、そんなビジョンを具体的に描きながら家づくりをすると、自分たちに合った住まいが手に入るのかもしれません。
外観イメージ
内観イメージ2
内観イメージ3
内観イメージ4
▶お問い合わせは、お気軽に!
お問い合わせ
電話
建てる前に読んで良かった!家づくりに役立つ資料はこちらから!