I様邸 インテリアコーディネーターと考えたストリップ階段は家の顔

自由設計×個性的な家
I様邸 インテリアコーディネーターと考えたストリップ階段は家の顔
メインイメージ
外観イメージ
担当者の声
小豆島で2棟目のアイムの家です。雑貨を可愛く飾れる小窓に、とても喜んで頂きました。
「個性のあるおしゃれな家を建てたい」という
夫婦の夢を叶えた家には、楽しい喋り声と
姉妹の奏でるピアノの音が響きます。
 消費税アップと、お姉ちゃんの小学校入学が迫っていることに加え、「早く家を建てれば、子どもたちとの思い出がよりたくさん家に結びつく」というのも、Iさん夫妻が家づくりを始めた理由でした。「リビングにストリップ階段のあるような、おしゃれな家がいいな」と、夢は膨らみます。けれど、Iさん家族が住むのは小豆島。工務店探しを始めると、本土より高い離島価格だったり、建材や設備の選択肢が狭くなったり、家づくりそのものを断られたりと、厳しい現実が立ちはだかりました。
 それを解決してくれたのがアイムの家。本土とまったく同じ条件で家を建てると請合ってくれた上に、ふたりが「あの家、かっこいい」と思っていた島内の住宅がアイムの家が施工した物件だとわかり、「理想の家が建てられそう」と依頼を決めました。インテリアコーディネーターと一緒に家づくりができる、というのも決め手のひとつになったそうです。
 打ち合わせ時に、「収納はできるだけ多く」、「和室がほしい」など、奥さまが叶えたいリストを提出。最初にもらった図面にほぼすべてが反映されていました。完成した家には、LDKの中央に夢のストリップ階段があり、一方はキッチンとダイニング、もう一方はソファを置いたリビングスペースと、コーナーを分ける役割も果たしています。姉妹が奏でるピアノの音を聴きながら、「以前の家は狭かったので常に子どもと密着状態。今は、キッチンでお料理をしながら、ふたりがソファで遊ぶ様子を眺めたり、ほどよい距離があるので子育てに余裕も生まれました」と奥さま。「砂場を作って、子どもと一緒に野菜を育てたいですね」と言うのはご主人。家族の楽しみ、新しい家でどんどん増えそうです。
内装イメージ
内装イメージ
内装イメージ
▶お問い合わせは、お気軽に!
お問い合わせ
電話
建てる前に読んで良かった!家づくりに役立つ資料はこちらから!